企業概観

AQCは、未来の炭坑会社

オーストラリアン パシフィック コール リミテッド(’AQC’)は、オーストラリアの株式会社で、およそ1,800人の株所有者がいる。AQCは、1999年にオーストラリア証券取引所に上場。当社は、若手の採鉱と探鉱の強力な参加者として進出した。もっと読む



 

ダートブルックに強力な焦点

AQCは、未来の炭坑会社ニューサウスウェールズ州ハンターバレーのダートブルック炭鉱の買収の最終段階にある。当社は、このプロセスは2016年後期に完了し、地下採鉱は、その直後から開始されると期待している。

その他の石炭の法的所有権

AQC has a strategic holding of coal exploration tenements located in Queensland's Bowen, Galilee, Surat and Clarence-Moreton basins. The contiuning philosophy of AQC's management has been to secure strategic tenure by identifying available tenements close to operating mines or in areas with proven or potential in-ground resources in regions suitable for short term development.

将来のさらに進んだ探鉱が予測される場所が特定でき、当社は、これらの石炭プロジェクトの商業価値を開発することに焦点を当てている。開発の機会は、農業との共存、合弁の探鉱、合弁の開発などがある。

AQCは、クィーンズランド中西部に大規模な工業用鉱物のプロジェクトを所有。このプロジェクトはAQCの過去の工業用鉱物ビジネスの一部で、現在は当社のコアビジネスではない。この資産の売却の為のオプションを検討中。