ダートブルック坑内採掘

オーストラリアン パシフィック コール社は、ニューサウスウェールズ州にあるダートブルック炭鉱での坑内採掘を再開するために既存の認可内容に変更を加えるための申請を行った。当社は、低資本、アジャイル型で独立した採掘を実現する為、過去18カ月にわたり様々な坑内採掘方法とオプションを検討してきた。

変更内容は、ケイユーガ炭層の柱房式採炭法による採掘(認可済みの長壁式採掘法の代替として)と、貨車積出設備への石炭運搬方法の変更の提案が含まれる。この変更は認可の期間を5年間延長することも求めている(2027年12月5日まで)。

その他関係書類に加えて環境影響評価書を2018年6月に提出し、その適切性を認められた。2019年1月にニューサウスウェールズ州政府 計画・環境省は、今回提案した変更に対して、肯定的推奨を行い、この変更を独立計画委員会(http://www.majorprojects.planning.nsw.gov.au/index.pl?action=view_job&job_id=9157)へ渡した。本変更は現在、独立計画委員会により決定に向けて評価を受けている。