ハンターバレーの場所

ハンターバレーの場所

ダートブルック プロジェクトは、有名な石炭地帯であるニューサウスウェールズ州ハンターバレーに位置する。この理想的な場所にダートブルックがあり、国際レベルのインフラ、労働力及び、この地域の主要な鉱山会社が利用するサポート産業があり、重要なアジアの顧客に供給することができる。

マングーラ(グレンコア 13.5 mtpa 承認)、ベンガラ ジョイントベンチャー(ニューホープ、ウェスファーマーズ、三井及びタイパワー、12 mtpa 承認)、マウント アーサー(BHP ビリトン 36 mtpa 承認)、隣接するマウント プレザント プロジェクト(マック エナジー 25mtpa 承認)。

ハンターバレーには、長い歴史がある鉄道網があり、遠くはニューサウスウェールズ州中央のナラブリからニューキャッスル港まで石炭を運搬する。鉄道網は、ハンターバレーとグネダ盆地の40か所以上の鉱山から200 mtpa以上の石炭を輸送する。

石炭はニューキャッスルの港へ鉄道輸送され、ポート ワラタ コール サービス('PWCS')、またはニューキャッスル コール インフラストラクチャ グループ('NCIG')を通して輸出される。

鉱業サポートサービスは、ハンターバレー全域で非常によく発達している。

石炭鉄道輸送には、いくつかオプションがあり、オーリゾン、パシフィック ナショナル、またはクストラータとフレイトライナーとの合弁事業と同様に独自の鉄道輸送車というオプションもある。