ハンターバレーの人々

ニューサウスウェールズ州政府と地方政府は石炭産業を50年間以上支援してきた。

地域コミュニティーには毎年数十億ドルが投入され、採掘はハンターバレーの活力源であり、地域住民の理解と支援がある。

500億ドル以上の収益が採掘権、鉄道および港湾使用料と税金としてニューサウスウェールズ州に支払われる。

地域

ダートブルックは、オーストラリア ニューサウスウェールズ州のハンターバレー北部のマスウェルブルックの近郊にある。

ハンターバレーはシドニー盆地の一部で、ニューサウスウェールズ州の主要な石炭生産地域。

コミュニティー

採掘は、コミュニティーの中で絡み合っている。ダートブルックは既存の炭鉱であり、町の近辺や地域にあるサラブレッド産業を侵害しない。

ダートブルック、マスウェルブルック コール、ベンガラ炭鉱は、マスウェルブルックの町から5㎞離れた場所内で10年以上成功裏に運営されている。

ダートブルックは、ベンガラ・マウント プレザント石炭プロジェクトに隣接し、既存の承認を基にした同様の環境及びその他の運営システムが適用される。

地域のコミュニティーは、鉱山会社が最高レベルの環境基準を遵守することを理解している。当社はダートブルックでもこれらの基準を遵守する。

ダートブルックはおよそ200人の現地雇用を生み出す。

コミュニティーの理解

ギャラクシー リサーチは、2016年1月に石炭採鉱に対する地域コミュニティーの意見を調査した。
調査の主な結果:

  • 採鉱は、経済とハンターバレーの住民に最大の経済効果を生み出すとみなされている。
  • ハンターバレーでの採鉱による影響を考慮する各報告書に対する全般的な同意がある:
    • 鉱業は、ハンターバレーに住む多くの一般家庭の生活を豊かにする。
    • ハンターバレーの鉱業は、労働者の安全に真剣に取り組む。
    • ハンターバレーの鉱業の存在は、地域住民に利益をもたらす。
    • 鉱業は、オーストラリアの労働者に仕事を提供し、ハンターバレーの将来に重要な役割をする。
    • 鉱業は、ハンターバレーの社会的責任を担う形で運営される。
  • ダートブルック鉱山の再開には、反対より賛成の投票が多い。保守連合と労働党の両方の支持者から支持されている。